FX取引をしています

自分は今でもFX取引をしています。
とはいっても長期投資をしているので、かなり昔に高金利通貨である豪ドルをそのままもっているだけともいえます。
豪ドルの価値が低い時に買ったので若干の利益がでているような状態ではあります。
とはいっても為替変動がありますので、将来的にはどうなるかはわかりません。
豪ドルを買った理由はなんといってもスワップがいいなと思ったからです。
スワップは金利変動によって若干かわることもありますが、安定してスワップポイントがもらえるので気に入っています。
外貨預金よりもFXの方が手数料も安いですし資金効率のいい投資ができるので、この金融商品はかなり気に入っています。
資産がもっと増えるようなことがあれば別の通貨を取引してもいいかもしれません。
もっとも当面資産が増えるようなことはなさそうですが。
スワップで金利差がもらえるのは、今の日本がゼロ金利政策をとっているためともいえるのですが、このゼロ金利政策はまだまだ続きそうです。
おそらくですが、自分が生きている間は、豪ドルのような金利にななるようなことはなさそうですから、このスワップは安定してもらえることができそうです。
FXの取引をしてみて感じたのは、これだけスワップがあると高金利通貨が人気となるのもわかる気がしました。
銀行に預金してもほとんど金利はありませんから、ちょっとリスクはありますが、スワップというのは大きな魅力となります。
これは実際にスワップをもらって改めて実感しました。

This entry was posted in FXのすすめ.

Comments are closed.