考えられるデメリット

FXの取り引きをされている方は常に同じ事を考えているかもしれませんが、
FXには常にメリットとデメリットが共存してることが挙げられます。null
FXでは少ない自己資金でもレバレッジをかけることによって一見何十倍もの資産があるかのように見えてこの資産を利用して自己資金では到底得られない利益を生み出すことが出来ます。
100万円の資産を元にFXを始めた際に10倍のレバレッジをかけたとすると見かけ上1000万円の資産で運用が出来ることになります。
単純にあなたが1年を通じて10%の運用が出来た場合100万円の利益が出ますのですなわち100万円の自己資金が倍になります。
さらに高金利通貨を買っていればスワップポイントも追加されるのです。
これは一見とても魅力的ですが万一年間を通じて10%のマイナス運用の際には単純に100万円がなくなってしまうので自己資産が0円になるわけですが、
実際には1年をたたずしてロスカットの憂き目にあうのです。
ですので大きなレバレッジは時に大きなデメリットとなりますので大事なあなたの自己資産をFXに投資する際には注意が必要です。
FXは朝から晩まで24時間取り引きできるのは特に日中に取り引きが出来ないサラリーマンやOLなどにはとてもありがたいのですが、
仕事中や就寝中に自分が為替相場を見ていないときに急激に為替相場が動いてしまうので万一損切り注文を入れていないと気づいてみたらポジションがロスカットされてしまう場合もあるのです。
ですのでFXで儲けたいとかこれからFXの投資を行いたいと考えている方はこういったデメリットも承知の上で運用をされると良いでしょう。

This entry was posted in FXのデメリット.

Comments are closed.